育毛の方法は日々新しいものが生まれてきています。育毛マッサージ、ツボ、サプリメントやシャンプーなど髪の毛に良いとされるものを色々取り入れてる方も多いのではないでしょうか?こちらでは何を本当に取り入れるべきなのかを紹介したいと思います。

発毛・育毛外来で処方される「リアップレディ」とは?

薄毛や抜け毛の悩みというと、中年の男性特有の悩みのように思われるかもしれませんが、最近は若い方や女性でも、「地肌が透けて見える」「抜け毛や薄毛が気になる」などという方が多くみられます。薄毛や抜け毛に悩む女性のために、発毛・育毛外来などでよく処方されている発毛剤に「リアップレディ」があります。「リアップレディ」とは、2005年4月に発売された商品ですが、2011年11月には、頭皮環境を整える3種の有効成分を新たに配合した「リアップリジェンヌ」へと名称が変更になっています。「リアップリジェンヌ(リアップレディ)」には、発毛効果が認められている成分である「ミノキシジル」が配合されています。「ミノキシジル」とは、アメリカで血管拡張剤として開発され、高血圧の経口薬として使用されていましたが、治療のため服用していた患者の体毛が濃くなったことから、全身が多毛症になる副作用があることが発見されたため、その後、あらためて研究や開発が行われ、脱毛症に有効であると発表されました。今では、「ミノキシジル」は、発毛に効果がある薬剤として、世界中で薄毛治療に用いられています。「リアップリジェンヌ(リアップレディ)」の成分は、「ミノキシジル」に加えて、頭皮を保護する「トコフェロール酢酸エステル」、爽やかで、心地よい清涼感を与える「L-メントール」、毛細胞に栄養を補給し、頭皮を健全な状態にする「パントテニールエチルエーテル」など、頭皮環境を整えるための3つの成分がプラスされています。そのため、毛包に直接作用し、細胞の増殖やタンパク質の合成を促進することによって、発毛効果だけではなく、頭皮環境を整えながら、コシのある太くて強い髪の毛を育てるための土台を作っていくことができます。